内気女子向け はじめての演技入門

女優になりたいけど 「学校や仕事が忙しくて、レッスンを受ける時間がない! しかもお金もかかるし・・・」 と悩んでいる方必見! 日常生活でお金も時間もかけず、一人で簡単にできる演技の基礎トレーニングを舞台150回以上、朝ドラに3作品出演した俳優が公開!実践すれば、内気な性格でも自信を持って女優デビューできるブログ!

簡単に滑舌を良くする発声練習

f:id:i_satoya:20210101093536j:image

おはようございます!井上さとやです!

 

今回は、

「台詞で感情を正確に表現するために

滑舌が大切だ」ということと

「簡単にできる滑舌を良くする発声練習」

についてお伝えします。

 

この記事は、

  • 滑舌が悪くて悩んでいる
  • 感情表現豊かに演じたい
  • 女優として幅広く活躍したい

という方にオススメです。

 

最後まで読んでいただき、実践すれば

簡単に滑舌が良くなり、感情表現豊かに

幅広く活躍できる女優になれます。

 

 《目次》

 

なぜ滑舌が悪いといけないのか

f:id:i_satoya:20201229230011j:image

なぜ、滑舌が悪いといけないのか?

 

それは、芝居を観ている視聴者や観客は

台本を持っていないからです。

 

物語で必要な情報は、役者の台詞から得ます。

だから、滑舌が悪いと情報を

得ることが難しくなります。

 

役者の言っていることがわかりづらいと

観客は「情報がわからなくなる」ということと

「滑舌の悪さが気になり物語に集中できず」に

ストレスを感じながら観なくてはいけません。

 

みなさんは、海外の映画やドラマを観る時、

その国の言葉がわからなければ

字幕か吹き替えのものを観ると思いますが

それは、物語に必要な情報を得て

ストレスが少なく、楽しむためだと思います。

 

もし、言葉がわからない国の作品を

字幕や吹き替えがなければ

観ている間、ストレスが溜まり

楽しむことができないでしょう。

 

観客にとって役が発する言葉は大切です。

滑舌が悪いと観ている人がストレスを感じ、

物語や演技に集中できず

楽しむことができません。

 

滑舌を良くしないといけない理由

f:id:i_satoya:20210820004544j:image

演技で滑舌良く話すことは、

台本に書かれている台詞で

観客に物語の情報はもちろん

役の感情を正確に言葉で表現する

ためにも重要です。

 

女優の仕事は、

映画やドラマだけではありません。

CMの仕事もあります。

人気がある女優さんは、

多くのCMに起用されています。

 

それは「女優さん自体のイメージが

宣伝する商品のイメージに合う」ということ。

そして「宣伝する商品のイメージを

好感を持てる表現ができる」からです。

 

「好感を持てる表現」とは、例えば

スポーツドリンクのCMで

ドリンクを飲んだあとに

「アー、スッキリさわやか」

というコメントを言うのに

出演者が舌足らずでダラ〜と

「ア〜、スゥッキィリィ〜しゃわやか〜」

と言うのと

「アーーーッ!スッキリ!さわやかーー!」

と言うのでは、

商品は、どちらが売れるでしょうか? 

 

答えは、一目瞭然です。

起用する企業側は、売り上げを伸ばすために

商品をイメージアップする必要があります。

 

だから、起用される女優さんは、

その期待に応える演技をしないといけません。

 

これは、映画やドラマでも同じです。

好きな男の子に告白するシーンで

「すぅきゅだよ」と滑舌が悪ければ

胸キュンはしません。

 

女優は「演技で人の心を動かす」ことが

求められます。

役の感情を正確に表現するためにも

滑舌は大切です。

 

そして、滑舌が良くなれば

感情表現が豊かになり

女優として幅広く活躍できます。

 

滑舌を良くするには どうすればいいのか

f:id:i_satoya:20210820004638j:image

 滑舌が悪い人の特徴は、

  • 声が小さい
  • 口が開いていない
  • 舌が動いていない

ということがあげられます。

 

これらを改善するには、

 

  • 口が開いていない

  ➡︎腹話術師みたいな話し方をしている人が

          多く見られるため、

         「アイウエオ」ときっちり口の形で

          話すことを心がけることが必要。

 

  • 舌が動いていない

  ➡︎基本的には、苦手な言葉を集中的に

          練習をする。

          もしくは、日本人が苦手としている

          ラ行を徹底的に練習をする。

 

これらを日常生活で会話する時に意識すれば

滑舌は良くなります。

 

簡単に滑舌を良くする発声練習

f:id:i_satoya:20210820005139j:image

それでは、

「簡単にできる滑舌を良くする発声練習」

をお伝えします。

 

今回は、日本人の7割の人が苦手と感じていて

一番舌を使う「ラ行」で行います。

 

滑舌を良くするために

  • 腹式呼吸で声を出す
  • 口をきっちりとした形で開ける
  • 舌をしっかりと動かす

これらを意識して下さい。

 

まずは、舌を動かしやすくするために

舌を「べぇ〜」と思いっきり出して

ほぐしましょう。

10回程、舌を出したり引っ込めたりします。

f:id:i_satoya:20210118114739j:image

そして、腹式呼吸

「アーイーウーエーオー」と声を出します。

その時に鏡で

しっかり口の形ができているか確認します。

 

次に「ラーリールーレーロー」

声を出します。

ラ行は「舌先を上の歯茎に軽くつけて発音」

します。

 

舌をしっかりと動かしながら

ラリルレロ

リルレロラ

ルレロラリ

レロラリル

ロラリルレ 

と発声します。

 

これらは、いつでもどこでも

簡単にできるので

テレビやスマホを観ている時や

お風呂に入っている時など

行うようにしていきましょう。

f:id:i_satoya:20210101100206j:image

あとは、普段の生活でも

「ロールケーキ」「リラックス」など

ラ行の入っている言葉も舌を意識して

発声して下さい。

 

幅広く活躍できる女優になるために大切なこと

f:id:i_satoya:20210820004439j:image

女優を目指すみなさんは、

アナウンサーみたいに流暢に

話す必要はありません。

 

最低限、台詞を話せるレベルで

滑舌を良くすることで充分です。

 

大切なことは、

「台詞を話す時、役の感情を正確に表現する」

ことです。

言いにくい言葉は、ゆっくりと話すこと

を心がけましょう。

 

そして「CMで女優さんがさわやかな笑顔

コメントを言っている演技をマネてみる

(例)「スッキリ!○○○レモン!」

   「今日○○○にしない!?」

   「キャンペーン中!」など

 

そのマネをしたさわやかな笑顔

日常生活での挨拶やお礼を言う時に

使ってみましょう。

 

その時に

  • 腹式呼吸で声を出す。
  • 口をきっちりとした形で開ける。
  • 舌をしっかりと動かす。

ことを意識して

「おはようございます!」

「ありがとうございました!」と

さわやかな笑顔でハッキリと発声することを

心がけましょう。

 

日頃から、活躍されている女優さんのように

さわやかな笑顔で挨拶をすることができていると

オーディションで緊張していても

自然にできるようになります。

 

そうなれば、イメージが良くなり

オーディションに合格する確率が上がります。

是非、滑舌良くさわやかな笑顔で挨拶をして

幅広く活躍できる女優を目指していきましょう

 

今回もお疲れ様でした。