内気女子向け はじめての演技入門

女優になりたいけど何をすればいいのか、わからない内気女子必見!舞台150回以上・朝ドラに出演した俳優が初心者向けに演技の基本を日常生活で簡単にできるように公開!実践すれば、自信を持って人前で堂々と演じることができる内容!普通の内気女子を女優デビューまで導くブログ!

夢を叶えるために幸運を引き寄せる

f:id:i_satoya:20210506110539j:image

おはようございます。井上さとやです。

今回は、女優デビューをして

芸能界で成功するためには「運がいいこと」

必要だということで、

夢を叶えるために運を引き寄せる習慣

お伝えします。

女優として売れたい人はオススメなので、

最後まで読んでいただき、実践すれば

「女優になる!」という夢が叶います。

 

《目次》

 

思考よりも感情を大事にする

夢を叶えるためには、

普段からの心持ちが大切です。

まずは、女優を目指すにあたり

「女優になりたい」という気持ちが

自分の本当の気持ちなのか

確認する必要があります。

女優を目指す理由や動機などではなく

「女優になりたい」という気持ちを感じる

ことが大切です。

ここで大事なのは、理由や動機などといった

「頭で考えていることや

思っていることは無視すること」

あくまでも心で感じていることに集中すること

「女優になりたい」と思うきっかけになった

作品や女優さんの演技を観た時の自分の感情や

感動した気持ちに集中することが大切です。

f:id:i_satoya:20210510175138j:image

これは、幸運を引き寄せると共に

女優として活動をする中で、

原点・心の支えになります。

女優の夢を叶えるまでに

心がくじけそうになることがあります。

失敗を恐れてネガティブなことを頭の中で

考えたり、悩んだりしてしまいます。

そんな時に「やっぱり私には無理かも」と

気持ちが後ろ向きになれば、

行動を起こすのが恐くなり、何もせずに

夢を叶えることが難しくなります。

そういう弱気な自分を支えるのが

自分が「女優になりたい」と

思った時の感情です。

人間は、頭で考えていることや思っていること

よりも「感じている」ことが実現します。

思考よりも感情」が心の支えになります。

そして、その「女優になりたい」という感情が

行動を起こし、その行動が幸運を引き寄せます。

f:id:i_satoya:20210510181251j:image

 

母が教えてくれた感じることの大切さ

私は現在、母の介護をしています。

介護をするきっかけは、

母が大火傷を負ったことでした。

ストーブの火が母のズボンに燃え移り、

右足の皮膚が全滅する

全身20パーセントの火傷で、

30パーセントだったら

命はありませんでした。

 

母は、全滅した右足の皮膚を

背中やお尻の皮膚から移植するという

8時間を超える手術を受けました。

無事に手術は成功しましたが

半年間の入院を余儀なくされました。

最初の2ヵ月は寝たきりで、

その間に検査で認知症脳梗塞だということが

わかり、失語症にもなってしまいました。

 

この時の私は、

不安と絶望感でいっぱいでした。

できれば逃げ出したいという思いと

母が退院して家に帰ってきた時に

普通に生活ができないのではないかと

ネガティブなことばかり考えていました。

f:id:i_satoya:20210513111618j:image

2ヵ月を過ぎて、

何とか寝たきり状態から脱した母は

リハビリのための病院に転院しました。

この頃の私は、

「もう一度、母と家で生活がしたい。

そのためには、母が頑張ってリハビリをして

歩けるようになってほしい」

と願っていました。

そんなこととは裏腹に転院しても母の状態は、

良くなる兆しはありませんでした。

 

失語症で言葉を発することができなく、

認知症で理解力が低下しているために

リハビリの時間になっても

ベッドから車椅子に移ることすら難しい状態で

たまに、頭が混乱している時には機嫌が悪く

リハビリができない日もありました。

それでも私は、母がどういう状態であっても

時間があると病院へ行き、母のベッドの横で

テレビを観たり、お茶を飲んだりして

一緒に時間を過ごすようにしました。

f:id:i_satoya:20210514211542j:image

一緒に過ごすだけではなく、

リハビリを見学したり

時には、一緒に歩行訓練を受けたりと

私も積極的に行動するように心がけました。

そうしているうちに、火傷や脳梗塞の治療が

うまくいっていることもあって、

母の混乱状態が収まり、機嫌も良く

元気になっていきました。

 

私は母と一緒にリハビリに参加する中で

母が火傷をした右足を引きずりながら

必死で歩く姿を目にして胸が熱くなり

母を励ますつもりが、いつの間にか

私が励まされていました。

f:id:i_satoya:20210516214710j:image

この頃になると、

以前のようなネガティブなことを

考えたり、思ったりすることが

なくなっていました。

母の頑張る姿から勇気をもらい

希望しかありませんでした。

母は大火傷を負ってから半年間の入院で

頑張って治療とリハビリに励み、

歩けるようになって無事に退院しました。

 

退院した母は、認知症で少し生活に

支障がありますが、介護サービスを受けながら

元気で生活を送っています。

今では、庭で掃除をしたり、草むしりをするなど

右足のほうもかなり回復していて、

「もう一度、母と家で生活がしたい。

そのためには、母が頑張ってリハビリをして

歩けるようになってほしい」

という私の願いが叶いました。

願いが叶ったのは、母の頑張りと

病院で支えていただいた方々のお陰です。

本当に感謝の気持ちと共に

幸運だったと思います。

f:id:i_satoya:20210529095749j:image

私は、母が大火傷を負ったことをきっかけに

俳優業を休止して、介護をしています。

ただ、俳優をしていた経験も貴重でしたが

現在の母の介護も生きる上で

貴重な経験になっています。そして、

母から人生で大切なことを教わりました。

それは「感じることの大切さ」です。

感じることで気持ちが前向きになり

行動に移したことで

幸運を引き寄せることができました。

「人は思考より感じていることが

現実になりやすくなる」ということを

実感しました。

これは、演技にも通じることだと思います。

演技も夢を叶えることも「思考よりも感情」が

大事になります。

 

ポジティブな言葉を口癖にする

夢を叶えるために口癖も大切です。

なぜ、大切かというと

口癖は無意識に出るものです。

無意識に出るということは、

心の奥に眠っている感情だということです。

まずは、普段の生活で

自分がどんな口癖かを意識する必要があります。

「無理」とか「ダメかも」とか「最悪」とか

使っている人は要注意です!

f:id:i_satoya:20210519233219j:image

なぜかというと、自分が話す言葉は、

常に自分の耳から入り、頭の中に残ります。

誰よりも毎日、自分の話を自分が一番に

聞いています。

その話す言葉がネガティブであれば

頭の中に残り、自分でネガティブな感情を

作り出してしまいます。

 

夢を叶えるためには、困難は付き物です。

いろんな試練を乗り越えないといけません。

そんな時、

誰が自分のことを一番に励ましてくれるのか」

それは、自分自身です。

そんな自分が、日常的に

「無理」とか「ダメかも」とか「最悪」とか

そういう言葉を使っていると

励ますどころか、感情がネガティブになり

夢を諦める方向に向かっていきます。

f:id:i_satoya:20210520185023j:image

そして、口癖がネガティブだと

自分の気持ちも後ろ向きになるどころか

まわりの人のテンションも下げます。

舞台やドラマ、映画など

一緒に芝居をする共演者や良い作品を作るために

頑張っているスタッフの方々は、仲間です。

どれだけ稽古や撮影がツラくても

ネガティブな言葉を使い、弱い気持ちでは

自分だけではなく、まわりの人たちの

モチベーションを下げてしまいます。

一人でもネガティブな気持ちの人間がいると

良い作品はできません。

それに女優は、どんな精神状態でも

演技をしないといけませんし、

CMでは、常に笑顔で撮影することを

求められます。

f:id:i_satoya:20210520231704j:image

女優というは、多くの人に勇気や希望、

元気や感動を与えるのが仕事です。

だから、ツラいことがあっても

前向きに生きることが大切です。

ツラくても前向きな姿勢でいると

必ず助けてくれる人が現れます。

「大丈夫!」「イける!」「最高!」といった

ポジティブな言葉を口癖にして

無意識に自然と自分の気持ちを高めることで

自分もまわりの人たちも元気にできる女優を

目指していきましょう。

そのためには、自分がポジティブな言葉を

発する時に前向きに感情が動いているかを

意識することが大事です。

本当のポジティブな感情は幸運を引き寄せます。

 

夜寝る前と朝起きる時の大事な習慣

夢を叶えるためには、

性格よりも考え方が大切です。

その考え方は、口癖と一緒で無意識に

身に付いているものです。

無意識に身に付いているのは、

潜在意識が働いているからです。

潜在意識とは、過去の経験などによって無意識の

うちに蓄積された価値観、習慣、思い込みから

形成された、自覚されていない意識です。

夢を叶えるためには、その潜在意識を

うまく使うことが大切です。

f:id:i_satoya:20210521232024j:image

潜在意識は、夜寝る前と朝起きる時に

最も働いてくれます。

だから、夜寝る前と朝起きる時の過ごし方で

夢が叶うか決まります。

簡単に言うと、夜寝る前と朝起きる時に

気分が良いと夢に近づきます。

気分が悪いと夢から遠ざかります。

夜寝る時に「今日、あんなことでムカついた」と

イライラしたり「あれができなかった」と

落ち込んだ気持ちで眠ると

そのまま潜在意識に反映されて、

無意識のうちにストレスが溜まったり

ネガティブな気持ちになりやすくなります。

朝起きる時も一緒で

「あ~眠たい」とか「起きるの嫌だな」とか

嫌な気分で起きると、その日1日は

気分が優れないまま、過ごすことになります。

f:id:i_satoya:20210523212854j:image

だから、夜と朝は気分を

良くすることが大切です。

まず、夜寝る前は腹式呼吸をして

音楽を聴くなどしてリラックスをします。

そして、布団の中に入り

「自分が女優として活躍している」ことを

想像しながら眠りにつくことです。

この時に大切なことは、

心地良いということを感じること。

「絶対に夢を叶える!」という

強い気持ちではなく、

「やっぱり夢が叶っているんだ〜」

という安心感です。

少しでも不安な気持ちを感じたら、

ゆっくり腹式呼吸をして胸をさすりながら

「大丈夫、大丈夫」と自分に

声をかけてあげましょう。

そうすると気持ちが落ち着いて、

安心して眠ることができます。

f:id:i_satoya:20210524235052j:image

いい気分で眠ると睡眠の質も上がり

健康にも良く、心身共に調子が良くなるので

一石二鳥です。

 

ちなみに私は、劇団を退団して次は

ドラマや映画に出たいと思い、

芸能事務所を探していました。

その頃、夜勤の仕事をしていて

NHKの朝ドラを観てから寝ていました。

毎日、朝ドラを観終わって

「俺も朝ドラに出たいなぁ〜」と

自分が出ていることを想像しながら

眠っていました。

f:id:i_satoya:20210531110024j:image

そうしていると、何となく出られるような

気がしてきたある日、

オープニングを観ていると

出演者、スタッフの名前が出たあとに

撮影に協力している事務所の名前が

4社程出ていました。

私は気になって、インターネットで調べました。

そして、そのひとつの事務所のホームページを

見ると所属タレントが朝ドラなどのドラマに

多く出演していることがわかりました。

しかもタレントを募集していました。

私はすぐに応募して面接を受けました。

そして私は、入所金も数万円と

他の事務所よりも安かったこともあって

その事務所にお世話になることにしました。

所属して半年後、

本当に朝ドラに出演することができました。

私の願望は現実になったのです。

潜在意識は、願望を実現するために働き

実現するための行動へと導いてくれます。

f:id:i_satoya:20210531110522j:image

そして、朝起きる時も大事です。

朝、目が覚めた時によく眠れた時も、

あまり眠れなかった時も

どんな状態でもやってほしいことがあります。

それは、仰向けで寝ている状態で

何も考えずに、天井に向かって

拳を突き上げて「今日もいい日だ!」と

体で表現をして、宣言をするということ。

そして、起きたら

窓を開けて部屋の空気を入れ換え

晴れていたら太陽の光を浴びながら

腹式呼吸でリラックスします。

f:id:i_satoya:20210527101438j:image

これは、

寝ている間に発している悪い空気を外へ出して

太陽の光を浴びることによって

体に元気なエネルギーを取り込み、

腹式呼吸でリラックスをすることによって

気分をリフレッシュさせます。

晴れていなくても、曇でも雨でも

自然の光を浴びることは、充分効果があります。

そして、余計なことは考えずに頭ではなく

意識を体全体、五感に向けることが大切です。

f:id:i_satoya:20210528003246j:image

あとは、

歯を磨いたり、化粧をしたりしている時など

鏡で自分の顔を見ると思います。その時に

鏡に映った自分の顔に向かって微笑みながら

「キレイだね」「かわいいね」「美人だね」と

心の中でいいので、声をかけてあげましょう。

鏡には自己暗示の効果があります。

鏡に映る自分の顔に語りかける言葉と表情から

作られた感情は実現しやすくなります。

これは、夢を叶えるために使うだけではなく

演技の練習にも使えます。

f:id:i_satoya:20210528010659j:image

私も舞台の本番前にメイクをしながら

「俺は天才!俺の演技でお客さんを喜ばせる!」

と心の中で語りかけて、鼓舞していました。

あとは、衣装を直すための鏡の前で

衣装のチェックをしながら

台詞を話したり演技の確認もしていました。

これらをすることによって安心感が生まれ、

リラックスができて、

本番では、自分の実力以上の演技が

できるようになりました。

こういうことも演じる上では大切な準備です。

鏡の力は、演技力も高めてくれます。

 

夢を叶えるために幸運を引き寄せる習慣

  • 人は思考より感じていることが

  現実になりやすくなるので

  演技も夢を叶えることも

  思考よりも感情を大事にする。

  • 女優というは、多くの人に勇気や希望、

  元気や感動を与えるのが仕事。

  ポジティブな言葉を口癖にして、

  ツラい時でも無意識に自然と自分の気持ちを

  高めることで自分もまわりの人たちも

  元気にできる女優を目指す。

  • 女優の夢が叶っていることを想像して

       心地良さを感じて眠る。

  • 天井に向かって拳を突き上げて

     「今日もいい日だ!」と宣言して起きる。

  窓を開けて部屋の空気を入れ換え

  自然の光を浴びながら

  腹式呼吸でリラックスをする。

  • 鏡に映る自分の姿に向かって微笑みながら

  ポジティブな言葉を語りかける。

f:id:i_satoya:20210529095119j:image

まずは、これらを実践してみて下さい。

そして、習慣化することで心の底から

「私は女優だ」と自然に感じることができます。

そうすれば、女優だという自覚を持ち

無意識に夢を叶えるために

行動することができます。

その行動がいろんな人や作品に出会うことができ

女優人生に大きな影響を与えるほどの

幸運を引き寄せるかもしれません。

幸運を引き寄せることができれば、

「女優になる!」という夢は叶います!

そのためには、日頃からリラックスをして

元気で魅力的な人間になって下さい。

今回もお疲れ様でした。